学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   生活未来科   >  ビジネスキャリアコース

ビジネスキャリアコース

生活未来科


生活未来科/ビジネスキャリアコース自信を持ってビジネス社会に羽ばたこう

ビジネスキャリアコースでは、入学してから半期で4つのフィールドから進路を見つけ、一人ひとりの夢や目標に合わせた学び方をします。自信を持ってビジネス社会に出るために、実務経験を持つ教員による少人数ゼミナール形式の授業で短期大学学位とビジネス資格を同時に取得します。

このページのトップへ

コースの特徴

一人ひとりの夢と目標に合わせて選べる4つのフィールド

入学後、前期は基礎科目を学び、各フィールドの理解を深めます。その後担当教員と面談を重ね、自らのフィールドを選びます。将来の進路に悩んでいる人も最初の半年で自分にあった進路を見つけることができます。その後4つのフィールドから進路を考え、重点を置いて科目を選択していきます。フィールドは「ビジネス・情報フィールド」「医療事務フィールド」「福祉フィールド」「食ビジネスフィールド」です。フィールドの重複や再選択にも柔軟に対応します。そして、一人ひとりの夢や目標の実現を支援します。

少人数ゼミナール形式の授業でビジネスの基礎を学び、社会人基礎力を養成

授業の多くは少人数ゼミナール形式で活発に行うこともあり、多くの学生が入学時には見られなかったコミュニケーション力を2年間で身につけています。学生と教員の距離が近く、一人ひとりのサポートをするのが特徴となっています。授業は実務経験を持つ教員の指導により、マナー、ホスピタリティ・マインド、パソコン操作能力、マーケティングなどビジネスの基礎を実践的なアドバイスによって学びます。又、ゼミナールや卒業研究では一人ひとりの創意を生かした内容に基づいて研究や発表をします。研究と発表練習のプロセスにおいて、仲間と協力し、対話し、共に考えることで、社会人基礎力を身につけます。

このページのトップへ

医療系事務職として活躍できる資格取得、検定試験対策をサポート

本学では、医療機関の事務職として活躍できる「医事実務士資格」「医療秘書実務士資格」が奈良の通学圏内で取得できます。更には就職に役立つ医療秘書検定の対策講座を同時に受けることができます。実務経験を持つ専門講師が少人数制の授業の中で疑問点を解消しながら授業を進めます。医学基礎科目、秘書専門科目、実技と演習を通じて、医療サービスにおける幅広い知識と専門的能力を身につけます。

【本コースで取得できる医療事務の資格】
医事実務士資格・・・・外来患者への受付業務やレセプト業務など医療機関の受付業務に対応する資格
就職先:総合病院、個人病院、クリニック
医療秘書実務士資格・・医師、看護師が円滑に業務を行えるよう管理・文書作成・補助に対応する資格
就職先:総合病院、個人病院、クリニック

奈良県の短期大学で医療事務の基礎科目から実技演習科目まで備え、資格取得、更には医療秘書検定の対策講座まで受けることができるのは本学のみです。

インターンシップで社会に出る準備をする

2年間でインターンシップ3回+医療事務実習1回を行います。学内での十分な事前学習を行った上で、奈良県内や近隣の企業での業務を経験します。様々な職種を体験し、学んだ知識を実践の場で試すと共に、自分に合った進路を考えます。そして学んだ知識、経験、成果、課題を振り返る事後学習をし、今後のビジネスパーソンとしての指針をつくり、キャリア・デザインに役立てます。多くの卒業生が、インターンシップをきっかけとして知らなかった仕事や職場を知り、それを生かして地元企業、施設、病院で活躍しています。

就職対策、公務員試験対策、四年制大学編入を力強くバックアップ

入学後からキャリア・デザインについて学び、進路について考えていきます。就職時期が近づいてくると学生・キャリア支援センターと連携しながらコース内でも就職活動に必要な履歴書作成、面接練習、企業対応のサポートをします。更には公務員志望者には公務員試験対策講座で個別サポートし、四年生大学編入についても個別指導により、力強くバックアップしていきます。

取得できる資格

  • 介護職員初任者研修

    介護に携わる者として、基礎的な知識や技術をもち、支援する際の考え方のプロセスを身につけ介護業務を行うことができるようになるための資格です
    自身では日常生活を送るのが困難な高齢者や身体障害者に対し、入浴、食事、排泄などの身体介護や、掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。
    特別養護老人ホーム、老人保健施設等の介護福祉施設や訪問介護事業所で働くことができます。
    また家庭内での介護にも活かせる知識として講座を受講し、資格を取得する人も増えています。

  • 食の6次産業化プロデューサー

    国家認定制度のひとつで、食の6次産業化を担う人材の認定・育成を目的にしています。
    食材の生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売サービス(3次産業)の一体化や連携により、食分野での新たなビジネスを創出するための職能レベルを認定するキャリア段位制度です。
    「食農ビジネス」「食育実践演習」「食品加工実習」など指定の6科目を履修して、申請すればレベル1の資格を得られます。

  • 医療秘書実務士

    医療秘書実務士は、医療機関や福祉施設において「医学の知識をもった秘書」、「接遇の専門家」、「医療事務や種々の情報の管理能力とコミュニケーション能力などを備えた 人間性豊かな職業人」として、介護保険制度導入後も医療や福祉分野に期待される資格です。

  • ビジネス実務士

    ビジネス実務士とは、ビジネスの実務能力、プレゼンテーション、会社の組織や情報の流れなどに関しての知識や技能を認定する資格です。
    全国大学実務教育協会が認定する資格で、マーケティングや情報処理、経済学・社会学、アカウンティングなど、ビジネス現場で求められる幅広い実務能力、組織や情報の活用能力を評価します。
    ビジネス実務士の資格を取得するには、本学が指定する必修科目および選択科目を履修して単位を取得すれば、大学を通じて「ビジネス実務士」の資格を申請することになります。

  • 秘書士

    秘書士は、職業人としての基礎的な実務能力を備えた上で、上司とのペアーワークを中心とした秘書の仕事を理解し、情報業務、対人業務スキルを修得し、オフィスワークを総合的にサポートすることができる能力を全国大学事務教育協会が認定する資格です。
    秘書士の資格を取得するには、本学が指定する必修科目および選択科目を履修して単位を取得すれば、大学を通じて「秘書士」の資格を申請することになります。

  • 情報処理士

    職業人としての基礎的な実務能力を備えた上で、ソフトウェア操作スキル、基本的なビジネスデータ処理など、実務に情報処理できる能力を認定する資格です。
    全国大学実務教育協会が指定するビジネス・情報処理関連の科目を履修することで取得できます。
    「情報処理技術の基礎を身につける」「ビジネスで活用されるソフトウェア技能の基礎を身につける」「プレゼンテーション能力の基本を身につける」「オフィスの組織や情報の流れを理解する」の4点が、資格取得の目的となっていて、大学を通じて「情報処理士」の資格を申請することになります。

  • ジョブパス(ビジネス能力検定)

    ジョブパス(旧ビジネス能力検定・B検)とは、現代の職業社会が必要とするビジネス能力を、どの程度備えているかを客観的基準で評価する技能審査です。

  • サービス接遇検定

    サービス接遇検定とは、財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験で、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、話し方、態度・振舞いなどが審査されます。
    実務の現場に入る前にサービス精神と技術を身につけておくことは非常に重要なことです。
    サービス接遇検定は、サービススタッフの資質・専門知識・一般知識・対人技能・実務技能の点からサービスマインドを理解しているかを試す試験を受験することになります。

  • 日商PC検定

    職業人として、パソコン操作の基本技術として、ビジネス文書の作成やデータの処理分析の能力は不可欠です。
    パソコン操作の基本だけではなくパソコンを使って効率的に仕事をこなす能力も身につく資格です。
    職場では、パソコンを活用してネットワークを使いこなし、大量データの情報収集・発信の力も必要とされます。
    Microsoft Office Word を活用する「文書作成」とMicrosoft Office Excel を活用する「データ活用」は、検定対策授業があり、本学で受験できます。

  • 日商簿記検定

    簿記は、企業の大きさや業種に関わらず、経営活動を記録・計算・整理して経営状況や実績を明らかにする技能です。簿記を理解することにより、企業の経理実務に必要な知識だけではなく、財務諸表を読む力や経営管理や分析力が身に付きます。

  • ピアヘルパー

    ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
    本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

  • 医事実務士

    医事実務士は、医療実務の業務を行うために必要なスキルおよび知識の修得を日本医療福祉事務教育協会が認定する資格です。患者と医療従事者との間で、情報の伝達や書類の作成などの実務ができるように学びます。本学の指定する科目の単位を取得すれば、大学を通じて「医事実務士」の資格を申請することになります。

  • 認定エステティシャン

    ミス・パリエステティシャン専門学校で『認定エステティシャン』通信講座を本学学生が受講することができます。自宅学習と春休みまたは夏休みを利用したスクーリングで、フェイシャルケア・ボディケアに必要な技術や、実践で役に立つ接客マナーを学び、認定エステティシャンの資格を取得します。

ビジネスキャリアコースの4つのフィールド

  • ビジネス・情報フィールド

    ビジネス・情報フィールドでは、ビジネス実務士、情報処理士、秘書士の資格を取得し、情報処理スキル、接客、オフィスワーク、マーケティングの実践力を養い、一般企業の事務職、秘書、営業販売職を目指します。更には観光・ホテル業界・地域活性化を目指す人への専門知識の修得、そして公務員を目指す学生への公務員試験対策も行います。

  • 医療事務フィールド

    医療事務フィールドでは医療事務、医療秘書の資格を取得し、医療機関の事務職を目指します。単に資格を取得するだけではなく、医療現場で即戦力となり、この業界でキャリア形成するために必要な実技指導や演習も行います。また就職にも役立つ医療秘書技能検定対策もサポートします。

  • 福祉フィールド

    福祉フィールドでは介護職員初任者研修、社会福祉主事任用資格を取得し、ビジネスに加えて福祉の科目も学びます。そして、経営感覚を持ちながら福祉施設、福祉関連会社での仕事、福祉ビジネスでの活躍を目指します。

  • 食ビジネスフィールド

    食ビジネスフィールドではビジネスに加えて食の科目も学び、食の6次産業化プロデューサーの資格を取得します。そして、経営感覚を持ちながら食関連会社、食関連施設での仕事、食ビジネスでの活躍を目指します。