学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   生活未来科   >  食物栄養コース

食物栄養コース

生活未来科


在学生の声

波多野 智江さん生活未来科/食物栄養コース 2回生

この学校を選んだのはなぜ?
料理をすることが好きだったので、調理の授業が多くあるような大学に行きたいと思っていました。
そこで、『調理ができる栄養士』の育成に力を入れている奈良佐保を知り、実習なども多くあると聞いて、入学することを決めました。
現在学んでいる授業内容は?
主に栄養士として必要な基礎知識や技術、また実験なども行っています。
どの栄養が身体にどのような影響を与えるのか、調理をする上でどんなことに気をつけなければならないのか、また、コミュニケーションの大切さについても学んでいます。
実習や授業で思い出に残っている出来事は?
奈良市東部の田原地区での体験活動として、茶摘みに行ったことです。
人生初の体験は今でも鮮明に覚えていますし、とても貴重な体験をさせて頂きました。
奈良佐保での学びが現在の生活に活かされている?
食について、以前より関心が深まりました。
食材に含まれている栄養素や、食材同士の組み合わせなども気にして料理を作るようになりました。
料理の彩りや盛り付け方などにも気を配るようになりましたし、市販食品の栄養成分なども見るようになり、健康に配慮した食生活を送るために、奈良佐保での学びが活かされていると実感しています。
奈良佐保の魅力は?
先生と学生の距離の近さです。
フレンドリーな先生方だからこそ、安心して、わからないことや困っていることなどを相談しやすいですし、何より学校へ行くのが楽しいです。
この雰囲気は、きっとこの奈良佐保でしか味わうことができない魅力だと思います。
後輩へのメッセージ
短期大学は、2年間という短い期間です。 毎日が忙しいし、勉強も簡単ではありません。 でも、日々がとても充実しています。 優しくて面白くて頼れる先生方や、いつも一緒にいて支え合っていける友達が、奈良佐保にはたくさんいます。 新しい環境に変わることを恐れずに、勇気を持って一歩踏み出せば、必ず自分を成長させてくれる学校です。 奈良佐保が、皆さんの未来への良い架け橋となるように願っています。

岩﨑 祐弥さん生活未来科/食物栄養コース 2回生

この学校を選んだのはなぜ?
食べることが好きで、以前から食に対しての興味があり、もっと深く知りたいならどうしたら良いかと考えていたとき、友人から奈良佐保短期大学を勧めてもらい、オープンキャンパスに参加したことがきっかけです。
先生や先輩、学校の雰囲気が良く、奈良に住むにあたっての環境も、自分が住んでいた地域に似た部分があり好感が持てたので、奈良佐保で学ぼうと思いました。
現在学んでいる授業内容は?
栄養士に必要な専門知識や技術、その他にも、基礎教養を身につけるための授業があります。
実習や授業で思い出に残っている出来事は?
フードビジネスフィールドで商品開発をしたのが印象的で、秋に行われた奈良県中央卸売市場の市場祭りで提供した『秋の食感ロコモコ丼』を完売できたことが嬉しかったです。
奈良佐保での学びが現在の生活に活かされている?
授業やグループワーク、レポートなどで、パソコンを使う機会が増えたので、少しパソコンについて詳しくなれた気がします。
そのおかげで生活の幅が広がったと感じています。
奈良佐保の魅力は?
他の学科やコースの学生と一緒に受ける授業もあり、考え方や観点の違う友達もできるので面白いです。
後輩へのメッセージ
勉強するときは集中して、遊ぶときは思い切り遊んで、メリハリをつけて頑張ってください。