入試についてEXAMINATION

ホーム  >  入試について  >  入試ガイド  >  本学独自の奨学生制度・優遇制度・支援制度

本学独自の奨学生制度・優遇制度・支援制度

入試ガイド


本学独自の奨学生制度や優遇制度、支援制度は、入学金又は授業料を免除することにより、勉学への向上心を高め、修学を援助し、ひいては本学の教育振興に寄与するものです。 希望される場合は、入試出願時に書類の提出が必要ですので各種募集要項を請求してください。

請求先 入試・広報センター(0742-61-9708)

本学独自の奨学制度として次のようなものがあります。

入学時奨学生

学業成績、人物ともに優秀で、経済的に就学が困難な学生を支援します。
ただし、保証人(主たる家計支持者)の源泉徴収票支払金額が841万円以下、又は確定申告書の所得金額が355万円以下の者に限ります。

入学時奨学生 対象となる入試種別 学校推薦型選抜(指定校)・学校推薦型選抜(公募)・一般選抜・総合型選抜(体験)
免除額 1回生授業料より200,000円を免除
選考方法 書類審査
判定試験(国語・数学) 50分
面接試験

自主的活動評価奨学生

高等学校での積極的かつ熱心な校内外での自主的活動の実績を有し、経済的に就学が困難な学生を支援します。
ただし、保証人(主たる家計支持者)の源泉徴収票支払金額が841万円以下、又は確定申告書の所得金額が355万円以下の者に限ります。

自主的活動評価奨学生 対象となる入試種別 自主的活動評価入試
免除額 1回生授業料より200,000円を免除
選考方法 書類審査(活動報告書を含む)
面接試験

社会人奨学生

学業成績、人物ともに優秀で、経済的理由により就学が困難な者を支援します。
ただし、保証人(主たる家計支持者)の源泉徴収票支払金額が841万円以下、又は確定申告書等の所得金額が355万円以下の者に限る

社会人
奨学生
対象となる入試種別 社会人入試
免除額 授業料 半額(1回生終了時に審査の上、適当と認められれば2回生も継続します。)
選考方法 書類審査
判定試験(国語) 25分
面接試験

児童養護施設・ 里親家庭等奨学生

児童養護施設・
里親家庭等奨学生
対象者 入学時に満20歳未満の者で、次のア~ウのいずれかに該当し、経済的に就学が困難な者を支援します。
ア 児童養護施設の入所者又は退所後1年以内の者
イ 母子生活支援施設の入所者又は退所後1年以内の者
ウ 里親養育児童
奨学金 授業料 半額(1回生終了時に審査の上、適当と認められれば2回生も継続します。)
選考方法 書類審査
面接試験

  • ※いずれの奨学生制度も、出願時に書類の提出が必要です。
    詳しくは、入試・広報センター(0742-61-9708)までお問い合わせください。

優遇制度

本学独自の優遇制度があります。
いずれも入試出願時に志願書等の書類の提出が必要です。
詳しくは入試・広報センター(0742-61-9708)までお問い合わせください。 


卒業生優遇制度

対象者 本学を卒業し、その後本学に改めて入学する者
免除額 入学金

ファミリー優遇制度

対象者 入学する者の三親等以内に本学の卒業生又は在学生がいる者
免除額 1回生授業料より200,000円免除

支援制度

本学独自の支援制度があります。
いずれも入試出願時に志願書等の書類の提出が必要です。
詳しくは入試・広報センター(0742-61-9708)までお問い合わせください。 

自宅外通学生支援制度

対象者  遠隔地等により、自宅からの通学が困難な者
免除額  1回生授業料より200,000円免除

被災者支援制度

対象者 入学時又は在学中に自然災害等により被災した者
免除額 各期授業料の50%を限度とします