学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   地域こども学科   >  こども教育コース

こども教育コース

地域こども学科


こども教育コース 概要

地域こども学科/こども教育コース

こども教育コースのもっとも大きな特徴はトリプル資格を取得できることです。
幼稚園教諭二種免許状と保育士資格に加えて、小学校教諭二種免許状取得が可能です。幼児期から学童期を見通す力を育成することを目的とし、様々な実践を通して着実に、「見通す力」を育みます。

コースの特徴

一人ひとりの個性を生かす少人数制

20 人弱の少人数制で、一人ひとりの個性を専門性へと丁寧に導く指導体制を整えています。特化した分野での強みを持った保育者・教育者を育てます。

現場体験で実践知を育てる

奈良佐保短期大学附属倉敷幼稚園での国内研修で、他府県の保育にふれ、奈良市内の教育現場での定期的な現場体験で継続的な学びを体験できます。多様な現場体験を通して確かな実践知を身につけます。

説明能力を向上させるプログラム

実践を振り返り、発表することを繰り返し行うことにより、確かな説明力が身につきます。また、電子黒板やプレゼンテーションソフトを用いる機会が多いため、現場で活かす力が身につきます。

取得できる資格

  • 社会福祉主事任用資格

    社会福祉の行政機関となる福祉事務所で、家庭訪問や面接、生活指導などの仕事をする職員として任用されるために必要な資格です。現在は、生活保護をはじめ、児童や障がい者、高齢者など幅広い分野で相談援助を必要とする人々が増えています。そのため、民間の高齢者施設やデイサービスなどでも、相談員として働く場合に、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが求められることもあります。

  • ピアヘルパー

    ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
    本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

  • 小学校教諭二種免許

    小学校教諭として、児童に各教科を教えるとともに、学校生活全般について指導したり、補助教員として低学年の指導を担当します。公務員試験の受験の際に小学校教諭の免許状が必要な政令指定都市などで、保育者として働きます。

  • 幼稚園教諭二種免許

    幼稚園教諭として、幼稚園で3歳から5歳の子どもたちの人間形成に携わります。
    幼稚園のほか、幼児体育のインストラクターや、幼児教育の専門家として、企業で働きます。
    本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

  • 保育士

    0~18歳までのこどもを対象に発達に応じた援助や指導を行う資格です。
    保育所で0歳から6歳のこどもの成長発達に携わったり、児童福祉施設で18歳までのこどもの援助者として携わります。
    保育所のほか、乳児院や児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設、子育て支援センター、認定こども園などで働きます。
    本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

  • 認定ベビーシッター

    在宅保育サービスとして主に在宅での保育をおこないます。また施設(集団)保育のプロである“保育士”資格と、個別(在宅)保育のプロである“ベビーシッター”の資格を併せ持った保育士が誕生し、各現場で活躍しています。

卒業後の進路イメージ

  • こどもと一緒に探求する

    ●こどもと同じ目線にたった指導●
    保育現場の遊びに、小学校の学びや遊びを取り入れることができる幼稚園・保育所の先生をめざすことができます。

  • 保育と教育の融合

    ●保育の視点を取り入れた学習指導●
    低学年の学習指導に、幼児期の特徴を理解して対応できる教師をめざすことができます。