大学について

ホーム  >  大学について  >  法人案内  >  概要・沿革

概要・沿革

法人案内


学校法人佐保会学園の概要

法人の目的

この法人は、教育基本法及び学校教育法に従い、学校教育を行い、教養高く、かつ、専門的、職業的能力を有する優れた人材を育成することを目的とする。

設置する学校および所在地

  • ・奈良佐保短期大学
    奈良市鹿野園町806
  • ・奈良佐保短期大学附属生駒幼稚園
    生駒市鹿ノ台南2-12
  • ・奈良佐保短期大学附属河内長野幼稚園
    河内長野市大矢船中町10-1
  • ・奈良佐保短期大学附属倉敷幼稚園
    倉敷市徳芳869-116

理事長、学校及び園長

  • ・学校法人佐保会学園
    理事長:榎 和子
  • ・奈良佐保短期大学
    学長:馬越 かよ子
  • ・附属幼稚園
    奈良佐保短期大学附属生駒幼稚園長:片岡 三和
    認定こども園奈良佐保短期大学附属河内長野幼稚園長:中村 裕子
    奈良佐保短期大学附属倉敷幼稚園長:橋爪 操

沿革

学校法人佐保会学園沿革

佐保会学園は、1931年に、全国で二つの国立女性高等教育機関のひとつであった奈良女子高等師範学校の同窓会によって設立された佐保女学院を基盤に発展を続けてきました。教養高く、かつ専門的・職業的能力を有する優れた人材を育成するという設立当初の教育目標は今も受け継がれています。佐保会学園は1965年学校法人として認可され、佐保女学院は佐保女学院短期大学に昇格、2001年の男女共学化を機に校名を奈良佐保短期大学に変更し、現在に至っています。学校法人は短期大学とともに、附属三幼稚園(生駒、河内長野、倉敷)を運営し、時代に対応した教育にとりくんでいます。

1931 奈良女子高等師範学校(現・奈良女子大学)同窓会佐保会によって各種学校佐保女学院が開設される
1965 佐保女学院から佐保女学院短期大学に昇格
家政科開設
1967 家政科を家政専攻と食物栄養専攻に変更し、栄養士養成課程を開設
1969 佐保女学院短期大学を奈良佐保女学院短期大学と校名変更
1973 家政科を家政学科と学科名変更
初等教育学科設置
1973 河内長野佐保幼稚園を開設
1976 倉敷佐保幼稚園を開設
1977 生駒佐保幼稚園を開設
1988 家政学科を生活科学科に学科名を変更
1993 生駒佐保幼稚園、河内長野佐保幼稚園および倉敷佐保幼稚園をそれぞれ奈良佐保女学院短期大学附属生駒幼稚園、同附属河内長野幼稚園および同附属倉敷幼稚園とする
1999 生活科学科生活福祉専攻を分離し、生活福祉専攻(介護福祉士養成施設)を設置
2001 奈良佐保女学院短期大学を奈良佐保短期大学(男女共学)に校名を変更
初等教育学科を幼児教育科に学科名を変更
2002 生活科学科生活科学専攻を廃止
2003 専攻科福祉専攻を設置
2009 生活科学科を生活未来科に学科名を変更し、コース制とする
2010 幼児教育科を地域こども学科に学科名を変更し、コース制とする
日本語教育別科を設置
2015 附属河内長野幼稚園を認定こども園奈良佐保短期大学附属河内長野としての認可をうける
2016 専攻科福祉専攻を廃止